美術をめぐる場をつくるIV「感じる – 鈴木昭男と宮北裕美のありかた」(鳥取県立博物館)

日程|2023年2月24日- 3月21日
場所|鳥取県立博物館 第3展示室

シリーズ・美術をめぐる場をつくるIV
「感じる―鈴木昭男と宮北裕美のありかた」

サウンド・アーティストの鈴木昭男とダンサー/アーティストの宮北裕美のコラボレーションによる展覧会。鳥取市内のフィールドワークを元に、音や身体の動きを取り入れた新作インスタレーションを発表します。

会期|2022年2月24日(金)~3月21日(火・祝)休館日:月曜日(3月20日(月)を除く)
時間|午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)※開館延長はありません。
会場|鳥取県立博物館 2階 第3特別展示室
主催|鳥取県立博物館
制作協力|株式会社ヤマモト、山崎昭典(録音)、東京音響工芸(音響)、田中哲哉(照明)、HANA DESIGN ROOM(衣装)
観覧料|一般/180円 (20名以上の団体/150円)
※大学生以下、学校教育活動での引率者、 70歳以上の方、障がいのある方、難病患者の方、要介護者およびその介護者は無料
問い合わせ|鳥取県立博物館 〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8042 FAX.0857-26-8041(美術振興課 TEL.0857-26-8045)

関連プログラム
●オープニング・イベント
2023年2月26日(日)14時~16時 第3特別展示室|要観覧料

〇 ライヴ・パフォーマンス:14時~
 鈴木昭男と宮北裕美が展示室を会場にパフォーマンスを行います。

〇 オープニング・トーク:15時~16時
松尾恵氏をゲストにお迎えし、アーティストのおふたりとともにこれまでの活動などを伺います。
ゲスト/松尾恵
 
●映画「ソラネ 幸福の帽子をかぶって生まれてきた子」上映会&ディレクター・トーク
2023年3月12日(日)13時~16時30分 講堂|参加無料

2012年から2017年にかけて鈴木昭男と宮北裕美を追いかけた長編ドキュメンタリーをプレミア上映します。上映後には宮岡秀行監督とアーティストによるアフタートークを行います。

●音とダンスのパフォーマンス「Ta Yu Ta I 」
2023年3月19日(日) 14時~ 講堂|入場無料

「H2AD」鈴木昭男、宮北裕美、山崎昭典 、drowsiness、安田敦美がライヴ・パフォーマンスを行います。

美術をめぐる場をつくるIV「感じる – 鈴木昭男と宮北裕美のありかた」

会期|2022年2月24日(金)~3月21日(火・祝)休館日:月曜日(3月20日(月)を除く)
時間|午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)※開館延長はありません。
会場|鳥取県立博物館 2階 第3特別展示室
主催|鳥取県立博物館
制作協力|株式会社ヤマモト、山崎昭典(録音)、東京音響工芸(音響)、田中哲哉(照明)、HANA DESIGN ROOM(衣装)
観覧料|一般/180円 (20名以上の団体/150円)
※大学生以下、学校教育活動での引率者、 70歳以上の方、障がいのある方、難病患者の方、要介護者およびその介護者は無料
問い合わせ|鳥取県立博物館 〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8042 FAX.0857-26-8041(美術振興課 TEL.0857-26-8045)

鳥取県立博物館 LINK