個展:BLOCK HOUSE(渋谷区)


「Motion / Clip」
会期:2018.5.13 Sun.‒ 6.3 Sun. / 13:00~19:00
(月曜・火曜休館)
場所:BLOCK HOUSE B1F(東京都渋谷区神宮前6-12-9)
※4Fでの鈴木昭男個展『あきにゃん日記』と同時開催
http://blockhouse.jp/index.php?itemid=211
オープニングレセプション 5月13日(日)16:00~19:00
空間:松尾宇人 協力:川口優子

展示空間が舞台となりゼムクリップがダンスをする。身近にあるものはすべてダンスをしていて、美しい線やパターンを生み出している。ダンスとは身体を用いた線の軌跡である。淀みない線や無骨な線など色々あるが、生きた線は、確かに何かがそこにあると思わせる気配を持っているのだ。ゼムクリップという身近な素材を、ダンサーに見立て、直線と湾曲をもつ構造を、人間の骨と関節のように捉えて、ポーズをつくったり、動かしたりした。人間の何倍も単純な構造のゼムクリップでは、動き方も生み出せる形も限りがあるが、その不自由さの中に、全てをそぎ落としても残ってしまう一本の線を極めたかった。


企画:アイランドジャパン株式会社
www.islandjapan.com
info@islandjapan.com