プロフィール

宮北裕美(みやきたひろみ)
ダンサー / アーティスト 
兵庫県伊丹市出身 京丹後市網野町在住

イリノイ大学芸術学部ダンス科卒業。「動かないダンス」と「モノそのものの動き」を追い続けてゆくうちに、即興パフォーマンスや視覚芸術の可能性を探り始める。2011年より鈴木昭男と共にサイトスペシフィック・パフォーマンスを続け、岡山県立美術館(2015)、城崎国際アートセンター(2016)、ImagoDeiフェスティバル(オーストリア、2017)、などで上演している。近年、ダンサーとして活動してきた固有の時間感覚や空間感覚を美術表現へと持ち込み《Permanent Red》(2015、MediaShop、京都)《point A ⇄ point B》(2016、ozasahayashi_project、京都)などのインスタレーションを発表。ART CAMP TANGOにアーティスト、キュレーターとして参加。